4G、チーターズマニア、Wリリース YUKARI

ちゃんと書いておきたいと思いつつ、どこから書けばいいのかわからなくて、このままだと今日一日ぐるぐるしたまま過ぎてしまいそうなので、気合を入れて、書き始めました。

まだまだ先だと思っていた10/10が来て、過ぎて行きました。

秋葉原へ行くわたしと、高円寺へ向かう共鳴。
わたしは、ドラびでお一楽さんの肝いりのイベント4G、共鳴は自分のバンド、チーターズマニアのデビューライブへ。

バタバタしているうちに、秋葉原グッドマンはあっと言う間の13:00オープン。
女子がメインで男子もいるバンドなんかも含めたガールズイベントはあるけれど、ここまでの出演者数で8時間、全部女子というのはほんとうに圧巻。
性別なんてくそくらえだけど、女子がこんだけ集まると、すごいと言わざる得ない!
やっぱ女子を背負った女子はすごい。

休憩を取る暇もなく、結局わたしはちょこっとおやつを摘んだだけで、ステージに釘付けでした。

ずっとハイライトだった。

そんな興奮の中、ずっとほんのちょっぴり気がかりだったのはチーターズマニアのこと。
なんどもドムスタのタイムテーブルをこっそりチェックしてた。
グッドマンでは、中盤過ぎて、ガロリンズが始まる。

ガロリンズは、わたしの唯一、親友といっていい藤井よしえのバンド。
よしえちゃんが亡くなって7年?
彼女のギターを持って壮絶なフィードバックを鳴らす、中学一年生、娘のはるねちゃんがよしえちゃんの立ち位置に立っている。
ちえちゃんと照ちゃんは昔と何も変わらない。
ただちょっとだけお母さんぽくはるを気遣う照ちゃん。
c0130623_23082191.jpg

泣くわけなんかないと思ってた。
はるがちゃんとやるのはわかってたけど、正直ちょっと心配でもあったし。

かっこよかった。
ガロリンズだった。
ほっとしたら、ほんとにかっこよくて、
気を抜かれちゃったのかもしれない。
パッと目に入った見慣れたよしえちゃんのモノだったギター。
それを娘のはるが弾いている。
不覚にも泣いちゃったよね(笑)

はるのシルエットやちょっとした首の角度や仕草、よしえちゃんそのもので。
はるの中にはしっかりよしえちゃんの魂が息をしてて、でも、よしえちゃんではなくて、はるねそのもので。
はるのかっこよさがそこにあって。

そのとき、ちょうど真裏では、わたしの息子の共鳴がチーターズマニアのライブの真っ最中だった。

たいしたことじゃないかもしれないけど

神様はたまに粋なことをする。

生きていくって、いいなぁ。

生きて、音楽でもモノでも空気感でも誰かの記憶でも、何かを作って、全うしていく。

それってなんて健気でかわいいんだろ。

そう思いました。

終わったであろうチーターズマニアの方へ行った人たちからの画像入りのメールが数件入る。
すごくよかったって。
心配してたけど、ちゃんと前に向かって歌っている共鳴の画像。
ハードコアパンク、やってんじゃん!
c0130623_23134743.jpg

こっそり、ツイッターでチーターズマニアをエゴサーチ(笑)
肩の荷がおりた気がした。
別に背負ってたわけじゃない んだけど(笑)
そんでもって、朝、共鳴と別れるときはちょっぴり寂しい気がしたけど、観たい気がしてたけど、観に行かなくてよかったってすごい思った。
わたしはわたし、共鳴は共鳴。
いつか、見せておくれよ、チーターズマニア。
そして、この先も続けるのなら、こんなので満足して調子にのってんじゃねーぞ、共鳴!

なんて一通り一瞬だけ考えて、またわたしはグッドマンに集中。
わたしだって負けてられない。
長いイベントのトリ。
ニーハオ!、楽しかったな…
一曲目からキタなって思ったもんな!
わたしはこのメンバーが大好き。
みてみて、すごいでしょ、かわいいでしょ、かっこいいでしょって見せびらかしたい(笑)
自慢のメンバー。
4人でやる暑さ!
c0130623_23141073.jpg
(一楽さんがコッソリ5人目としてレーザー発射してくれたのもサイコーだったし、ピカや時既にの2人、ニイマリコとの共演もサイコーだったね!)

(リミエキについていえば、とても頼りにしていて、信頼しているメンバーという感じ)

共鳴にとって、チーターズマニアのメンバーはどんな存在なんだろうな。

たくさんレポートしてる人がいるのでステージについてはいろんなSNSで見て貰えばいいとして。
楽屋がキレイだったよ。さすが女ばっか。
そしてなんかパステルな色だったな。

みんながみんなをリスペクトし合ってて、さすが一楽さんの集めたブッキングだった。
久しぶりの人にも会えたり。
会いたいと思っていた人に会えたり。

チーターズマニアの打ち上げを終えて、グッドマンで合流したうちの家族。
(タニは仕事だった)
ちょっとだけ大人っぽい顔で現れた共鳴。
メンバーやみんな。
みんなが共鳴を見守ってくれている。
そういう風に、たくさんの人が共鳴の周りにいてくれるおかげで、彼は何通りもの愛情や表現やいろいろを身につけていく。
わたしも十分恵まれているけど、君のことがうらやましいぜ!

ここから彼は、どこへ向かうのだろ。
わたしは。
わたしは、この道をまっすぐ駆け足で進みたいなぁ。

そして、今日は
わたしがよいしょよいしょ作った
Limited Express(has gone?)「ALL AGES」
ニーハオ!「PAYDIRT」
2枚(正確には3枚!)の音源がお店に並びました!!!
c0130623_23143447.jpg
c0130623_23145072.jpg

バンザイ!!!

ぜひ、ぜひ
買ってください!!!
聴いて欲しいです!!
どっちも、どっちも。

ディスクユニオンでは、リミエキはTシャツ付きもあるし(かわいいの!)
ニーハオ!もリミエキも、特典イベントのチケットがついていたりするし…


今週土曜(10/15)には、DEATHRO@小岩BUSHBASH、泯比沙子+NASCA CAR@秋葉原グッドマンのサポートで走り回ります!

随分、前のめりだな。わたし。
やっぱ幸せモノだな。わたし。


オフショット!

c0130623_23152004.jpg
c0130623_23153322.jpg
c0130623_23154768.jpg
c0130623_23160099.jpg
c0130623_23161002.jpg
c0130623_23163500.jpg



[PR]
by ni-hao2180 | 2016-10-11 23:12

チアパンクis HERE!!!!