c0130623_01544862.jpg

怒涛の48時間、最高だったー!!
まずはほぼ始発で集合場所へ向かい、リミエキ号はいざ山形蔵王温泉スキー場へ。
龍岩祭、以前は共鳴もベビーカーだったっけ。
今年が最後という事で、参加させてもらえてとてもうれしい。
雨の心配しててんけど、快晴!
SHIFTセージが出迎えてくれる。
c0130623_01544988.jpg

急いで来たからお腹ペッコペコやってんけど、めちゃんこ美味しいまかない。
大自然に若干酔って気持ち悪くなる。
(自然に弱い)
共鳴とタニはライブまでの束の間に温泉へ。
なぜに湯上りにライブするのか。
(わたしは行ってないよ)
c0130623_01545016.jpg

緑に酔って気持ち悪かったものの、ライブになったらすっかり忘れてて、向こうの山に向けて歌うのはきっもちよかったーーーー。

DIYフェスはほんとうに呼んでもらえるの、光栄です。
最後だったけど、明るい未来が見えるようなフェスでした!!!

って、終わってのんびりする暇もなく、片付けてそのまま東京へ。
渋滞したらジ・エンド。
映画「MOTHER FUCKER」いよいよ公開で、舞台挨拶の予定が入ってる。

もっちろん間に合いました!!
映画のことは別で書こうと思いますが、たくさんの人が初日から来てくださって、大笑いの私たちらしい舞台挨拶だったかな。
ありがたやありがたや。

帰り、疲れすぎて、反対方面行きの電車に乗って、終電まじギリギリでやばかった。

そんでもって、翌朝6時の電車でお次の集合場所へ。
DEATHRO号で京都。
神奈川から出発したのに、高速を東京方面へ。
おいっ!また反対方面じゃーーーん。
乗り直して京都へ。
今回リードギターはイトーちゃん。
イトーちゃんとまこっちゃんに挟まれた共鳴、ほんっとニコニコ終始うれしたのしそうにしてる。
ありがたい。
c0130623_01545122.jpg

10月に行われる恒例のボロフェスタの前哨戦、ナノボロフェスタ。

メシアと人人に間に合ったーーー!
いいバンド♬
最後きっさんのおっぱいに気を取られてしまったけど、かっこよかったなーーー。
c0130623_01545147.jpg

ロンリー。
共鳴、必死で動画を押さえてて、どんなのが録れてるんやろうと思ってあとで見たら、全編なぜかスローでした(笑)
夏が終わっていく感じがして切なくなっちゃった。
c0130623_01545253.jpg

からのDEATHRO。
ナノが今日もまた、スタジアムになってたな。
やるよな、やっぱ、DEATHROは。
ほんまに弾いててたのしい。
おニューの支給されたフェルナンデスちゃん、めっちゃ軽くて弾きやすくて良い。
かなり盛り上がったねー!!
c0130623_01545379.jpg

急いで着替えて、リミエキ。
連チャンかよ!!!
京都、何年経っても、帰って来たって感じ、する。
それだけで、血がたぎる。
セットリストが進んでいくのがほんともったいないって気持ちになっちゃう。
終わると一瞬。
c0130623_01545314.jpg

どろっどろになってたーーーー。

土竜君が14年間大事に育てて来たハコ。
やらせてくれてありがとう。
そんでもって、ボロのスタッフのみんな、ありがと〜〜。
本祭もたのしみ。

VOGOSの大暴動を終始笑いながら見て、急いで帰り仕度。
c0130623_01545420.jpg

(最近のようくん、めっちゃかっこいい。セッティングの時からキリッとしてて、気合入ってて、惚れそう!)
And summer club観たかった。。。。それだけが悲しい。

横綱でみんなで思いっきりラーメン食べて、帰りました。
c0130623_01545519.jpg

帰りの車も共鳴の電池が切れるまで、思いっきり笑って、さいこう。
共鳴、おしっこ我慢できず、ペットボトルにしたし。

午前3時到着。
果ての果てまで行った2日間だったー。
翌朝ちゃーんと起きて、洗濯して、お弁当作って仕事行ったってば!!!

リミエキDEATHROの夏はこれで終わりかな。
けど、ニーハオ!!!!は夏の締めに韓国ツアーが控えてる!!
ヨーーッシャーーーーー
この勢いを連れていくよ。

ニーハオ!!!!

1/September/Friday
at Basement BUSAN,KOREA
2/September/Saturday
at Clubsteelface SEOUL,KOREA
steelface.com

あ!!
待った!
夏の終わりじゃなかった!!!
8/31
小岩BUSHBASHで
謎のコピーバンド大会があります。
レスザンTV枠で、わたし、攻めます!!

[PR]
# by ni-hao2180 | 2017-08-29 01:41

メテオリバー YUKARI

c0130623_21402429.jpg

Less Than TV夏の風物詩、メテオリバー

天気の悪い日が続いてて、心配だったけど!
なんか奇跡ーーーー
晴れた!!!!!
土砂降りになったのは帰り。
すごい!!!!
c0130623_21402490.jpg
BBQの天才(exボーイスカウト)
c0130623_21402573.jpg
肉を焼く、タニ&サワ
c0130623_21402650.jpg
チーターズマニア
c0130623_21402709.jpg
メテオ系皆勤の08師匠と、出席率の異常に高い2人
(左の人は水着ギャルがいないことに不満だったらしい。わたしも水着だったけどギャルじゃないからダメっぽ)
c0130623_21402841.jpg
マスのつかみ取り→焼いて食べる食育も
c0130623_21402972.jpg

c0130623_21403010.jpg
スイカ割り。タカヒロさんからの粋な贈り物。
めっちゃ甘かったから、ぐわしって掴んで食べた
c0130623_21403059.jpg
DEATHROとFUCKER
c0130623_21403157.jpg
川の水はやっぱりちべたかったよ。↑参加者いちぶ

このまま共鳴はデスロのお家に合宿へ。
デスロの父母と対面もしたようです。

来年も開催すると思うんでまた来年ね!

[PR]
# by ni-hao2180 | 2017-08-20 21:27

I ACCEPT ALL@ANAGRA. YUKARI

かっこいい写真集I ACCEPT ALL
かっこいいハコ ANAGRA
かっこいい展示…
写真集を手にとって見たらわかると思うんだけど、その分厚さにびっくりするし、紙質、全体の質感のクールさ、素晴らしいです。
写真集を作ってくれたTANG DENG、展示をやってくれたANAGRAクルーに最大級のレスペクトです。
c0130623_17505058.jpg

そしてそのレセプションパーティ。
昼間の早い時間から熱量のある人たちがいっぱい集まって、賑やかさが溢れる。
c0130623_17505148.jpg

たっぷりFUCKER。
せっかく1時間あったので個人的にはもっと曲が聴きたかったけど、だらだらしゃべりながらでも、だれずにおもしろかったな。
c0130623_17505228.jpg

c0130623_17505369.jpg


写真集全ページ解説もありました。
やっぱ何の写真かわかるのは面白かったし、誰もわからないのもおもしろかった(笑)

ラミ子、神曲降臨。
キノコと妖精のコンビは定期的にやはり見なければいけない(笑)
ラミちゃんキレがよかった!!!
さとちゃん、いや、キノコ家来のダダリオの扇子いい味出してた。

DEATHROはソロでのアコースティックセット。知らない曲も、聴けて、やっぱDEATHROはおもしろい。
そのあとバンドセット。
最近の中では格段にいい出来だった気がしてる。
今回はいつものスタジアム感よりもアンダーグラウンド感あって、なんか新鮮さも感じた。
やっぱDEATHROは天才だな(笑)
c0130623_17505455.jpg

UGman。
みんなすっごい楽しみにしてて、わたしもやらせてもらえて光栄だった。
ただ、めっちゃ気に入って練習してたフリーダムウェイが、ベース壊れて披露できなかったのが残念!!!
そんでもって、やったことない聴いたことない曲をアンコールでやるぞ!ってやらされるとは!
バンドマンあるあるじゃないかと思うんだけど、たまにライブで音が出ない、とか、トラブルが起こる悪夢的なやつを見るんですよ。
まさにそんな感じ(笑)
不思議と、全然引け目もなくて音出しておきます!!みたいな感じで楽しくやれたけど。
現実は夢以上だな。
UGmanに関しては、多分、思い入れのある人が多い。
鵜沢くんとてっちゃんはずっといるんだと思う。
そんなUGmanのベースをわたしが代わりに弾くというのは、違和感でしかないかもしれない。
出しゃばりすぎてたらごめんなさい。
けど、新曲も作って演奏したし、今のわたしが参加したUGmanってことで、楽しんでもらえているといいですが。
いずれにしても、タニとカワナミさんこそがUGmanです!

PUNKUBOI以外にこのあともっていける人はいなかったねー
安定のスカム!
写真集の若い頃のトクさんとかまじ細い(笑)
そういう時間の流れ見るのも写真集の醍醐味。

トリはNINJAS
今回の写真集作ったり、写真展したり、ハコを切り盛りしたり、大忙しだったメンバー。
デキる人たちだなー。
おまけにしっかりばっちりキメてくれた。
オシャレでかっこいい。
気合いもメラメラ感じた。
NINJASだいすきです。

置いていたALIVEECDもジンTO FUTUREも全全部なくなったらしいです!!!!!!
すごい!!!!
三島さんへのドネーションも集まったと思います!!!!!
ありがとうございます!
(TO FUTUREはまたANAGRAに送ったんで引き続き置いてもらいます!)
c0130623_17505410.jpg

そして、写真集の流れで作られたTシャツもソルドアウトしたようですが、追加で生産して、ANAGRAで通販するそうです。
全国で買えますね!!!!
ぜひ!!!
めちゃくちゃかっこいい。
c0130623_17505507.jpg

c0130623_17505649.jpg

ECD、UGMAN共にS.M.L.XLサイズです。
KIDS UGMANT は XS.S.M.Lです。

ECD T / UGMAN T
KIDS UGMAN T
(ちなみに共鳴は130cm24kgでKIDS M)
値段が送料込になるので¥2000です
欲しい方は以下にご連絡ください。
anagratokyo@gmail.com

UGmanで折れ曲がったマイクスタンドは、新しいのをかって(ちょっとしょぼめですが)送っておきました(笑)
またANAGRAでやりたいな。

そして
写真集、ぜひ、一家に一冊!!!!!!!!!
c0130623_17505623.jpg

ありがとアイちゃん!!!

[PR]
# by ni-hao2180 | 2017-08-15 17:38

メテオナイトメテオナイトメテオナイト
あっちゅーーーまにニーハオ!!!!の出番がやってくる。
楽屋でプチ前打ち上げ的な4人での盛り上がり!
ライブよりこっちのほうが楽しいんじゃないか、的な。
けどね、やっぱ違った!
うちらの前のステージ、オシリペンペンズの絶妙な凄技コンビネーション観てたら、あがってきたーーーー
今日は、とにかく瞬発力で思いきしいこ、って話してた。
誰にも邪魔されないわたしたちの音楽をしようって。
女子の誇りを持って立ち向かう。
そんな気持ちがあった。

みんながワクワクしてニーハオ!!!!のことを待ち構えてくれてた。
「わたしたちが、メテオナイト唯一のガールズバンド!!」
おっきな声で叫んだら、いっぱい拳があがった。やるんだ、やれるんだ、今日はって思った。
c0130623_22514623.jpg

1番やばかった場面は、思いっきり前列でモッシュしてたのが、女の子たちだったこと。
見たことのない光景でした。
あっという間に戻ってしまうのはわかっていたけど、それでも世界を変えられたような気がした。
女の子たちの力がキラキラする世界。
c0130623_22514716.jpg

そして、わたしは、2年ぶりのダイブをしました。
Limited Express(has gone?)のライブで客席にダイブしたときに合った痴漢で(http://nihao2180.exblog.jp/24857091/)
わたしは、絶対負けない!って思ったし、屈しないって思ったけど。
でも、すごく怖かったんだな。
自分で気づかないけど結構傷ついていたのかもしれない。
わたしはダイブを封印してた。
なんども、来い来い!ってお客さんたちがやってくれたこともあったけど、できずにいた。
けどね、汗だくで笑顔でモッシュしてる女の子たちを見たら、
拳をあげてくれた男の人たちを見たら、
自然に、行ってた。
全然怖くなかった。

戻ってしまうとはいえ、ほんのちょっとだけなら変わったかもしれない。
ライブのあと、翌日まで声をかけてきてくれたひともいっぱいいたし、ツイートもみたし、ちっぽけなわたしだけど、感じてくれて、男の人にも女の子にも伝わってる!!!

「女の子に生まれてよかった」
そう言ってくれるなんて!宝物にしたい言葉。
うれしかったし、ほんまにちょっと泣いてしまった。
わたしのやってることって、間違ってなかったんやなって。
c0130623_22514739.jpg

ありこ、みこちゃん、みーちゃん、最強のニーハオ!!!!だったね!
わたしは、ガールズバンドとして、ガールズミュージシャンとして、おばあちゃんになっても攻めていきたいと思う。
(あ…それはガールじゃないなw)

ついてきてほしい。

男性への強固な抵抗じゃなくて、しなやかな、ポップで明るい、女の子のチカラを信じよう!

ライブ後冷蔵庫からの冷風を浴びるニーハオ!!!!
c0130623_22514827.jpg


[PR]
# by ni-hao2180 | 2017-08-07 22:42

BREAKfAST2曲観てダッシュでチーターズマニアへ。
(このかぶり辛い!)
チーターズマニア、5回目?のライブ。
緊張する。
自分のバンドだったら、どんなトラブルや不具合があったとしても、なんとか立ち回れるわけですよ。
よくするために全力で。たとえ空回りになったとしても。
だけど、チーターズマニアはほんとどうにもならないんだもん。
たくさんの人が、期待して集まってくれてる。
ライブをやる前からCDもいっぱい買ってくれてる。
どこまでそれを共鳴が感じているのか…
感じた方がいいのか、感じない方がいいのか、それもわかんない。

「マニア!マニア!」
コールから、ライブが始まる。
いやーーーー共鳴…声小せえよ!
下向きすぎだよ!
歌詞飛んでるし!
若干モジモジしてるし!
これ、やばくないか…??!
あちゃーーーーー
と、思ってたら、だんだんだんだん上がって来た。
声も出て来た。
ちょっとだけ安心。
終盤には、恥ずかしさ吹っ切って、ぐいぐいいくようになったかな。
モニターちょこんとのぼってみたり。
ダイブする場所を探してる感じとか。
よしよし、ギリセーフかな。

足をぴーんと伸ばしたままのクラウドサーフ!!
c0130623_22264142.jpg

アンコールまでもらって、
1バンド目だしもうやらないんじゃないかと思ったら、共鳴自身がメンバーに「やる」という意思表示してる。
共鳴のなかでアツイものがあったんだな。
c0130623_22223219.jpg

メンバーはもちろん、お客さんまでもが全員、もはやお父さんお母さん。
あんな優しい笑顔のフロアはなかなかないなと、袖から見てました。
それは、共鳴にしかできないことだし、それでグッとハートを掴んだりもするし、彼だけの表現なんだと評価してもいいのかなってちょっと思った。
でも、本当にフロアに激震走らせられるようなライブをする日が来たら…
わたしはやるからにはそうなって欲しいなぁと思ってしまいます。
(かく言うわたし自身もそれを成したくて仕方がないのだけれど!)

音源作る大変さ、買ってくれる尊さ、金銭的問題も含め、やれてる素晴らしさ、求めてもらえる幸せ、かつプレッシャー、
ぜんぶぜんぶ、すぐにはわからないとしても。
その小さな身体にためておいてくれよ!共鳴!

チーターズマニアのメテオナイト、ママは自分のライブより疲れたぞ(笑)

ちょこっと音源の話。
ライブアクトに関しては、まだまだトホホだなぁと思うことも多いですが、共鳴の歌詞、わたしはすごいなぁと思っている。
生きていく中での新鮮な目線、曇ってない気持ち、わたしには絶対書けない。
その歌詞が、CDのブックレットに手書き文字で載っています。
ライブでは声が小せえから(怒)聞こえないと思うんで、読んでみてもらいたいです!
c0130623_22223331.jpg

c0130623_22223463.jpg

c0130623_22223589.jpg

(ツイッタから画像もらったのもありまーす)
[PR]
# by ni-hao2180 | 2017-08-07 22:13

チアパンクis HERE!!!!