人気ブログランキング |

perfect MEガイド③ YUKARI

正気を失ったりしているうちに間が空いてしまいました。

崖を這い上っているわけですが、続きもなんとか!

相変わらずおもしろいエピソードはないですが、

完結編!

c0130623_22112788.jpg

10 正気に戻るスキがない

ちらりとSNSで演奏映像を出したときに、やたらがないあもんくんが反応するなーと思ったら、「がない」って言ってるからじゃん!ってしばらくたってから気づきました。

なので、狙ったんじゃないのです!!

これは、まさにパッとメロディと「正気に戻るスキがない」というメロディがやってきた。珍しいパターン。めちゃくちゃ気に入ってる。

正気に戻るスキなんてない。

仁一郎君のギターフレーズ、ほんと、なんだこれは!!みたいなののオンパレードなんですが、まぁやってるうちいつもだいたい慣れるのですよ。

けど、この曲のブリッジのとこ、いまだに処理しきれず笑ってしまいます。

昔だったら絶対大げんかになって曲になっていないと思う。

つか、でも出来上がるのに一番時間かかったかも。

仁一郎君のフレーズとイメージをこっち側に引き込むのが一番難しかったからだわー。

あ!これ、そういえばメインのベースラインはもんちゃんが作ったんだよ!!!


11 NO WAY

このアルバムの中で最も古い時期にできた歌詞です。元々別の曲につけてたんだけど、ボツになって、ここにきました。

やじゃないですか?!

つれづれなるままに、なんて。

がっつりいろんなもの、引き寄せたり、切り開いたり、していきたいもん。

この歌詞ができたあとに、急にDEATHROがライブのMCで吉田兼好に共感する、って言い出して、内心ビクついてました。

思い切りディスった歌詞なので(笑)

わざわざ吉田兼好かぶりって。

あと、曲としては、真ん中の展開、めちゃくちゃ試行錯誤しました。

正直めっちゃ笑っちゃうよね。

全体的にスカした感じにしたかったけど、着地したのはやっぱりこういう謎な感じだよなー。レコーディングしてはじめて愛おしさの出た曲です。

c0130623_22125126.jpg

12 SAVE MY IDEAL

アゲアゲの全力で突っ走るというのじゃなくて、余裕を持った歌い方に気をつけてる。

先日、SlutWalkが大阪で行われましたが、STOPPING SCANDALOUS LOOKなんてSHITだよ、ほんと。

「暖かい国へ行きたいというだけ」というのは、なんかアナと雪の女王って終始寒そうで参ったなーって気持ちで書いた。

アナ雪観たことないんだけどさ。

だったらモアナのほうがよさそう。

観たことないんだけど。観てみます!

スヌーピーのように、我が道を余裕で歩きたい。



おーーーー、なんとか完走しました!

いろいろ書いたけど、それぞれでいいです。

それぞれでいろんな想い乗っけて、聴いてほしいし、お気に入りを教えてください。

広くはもちろん、長く聴いてもらえるアルバムになりますように!!!!

愛を込めて!!!!!!!!


わたしのロングインタビューが公開されています。

幼少期の魔法少女愛にバンド結成、いろいろしゃべり倒しています。

perfect MEの背景を知ってもらえるかもしれませんー、読んでね♡↓



# by ni-hao2180 | 2019-11-07 21:50

perfect MEガイド② YUKARI

続きだよ。

もうそんなおもしろいエピソードないんですが(笑)

c0130623_00550701.jpg

5 フォーメーション

今回の看板曲だ。

スタジオでメンバーと曲を作りつつ、歌をどこに入れるかと、強弱をザクッ決めて、家に持ち帰る。

そんで、歌詞案とにらめっこしながら曲にはめつつ、ボーカルラインができる感じが多い。

これはその典型でできた記憶。

宮越里子さんとsuper-KIKIさんのコーラスかっこいいよね。

おふたりにオファーしたとき、歌詞について教えてくださいって言われて。

出来るだけ丁寧に解説したら、二つ返事でオッケーくれて。

大切な歌詞を、噛み締めて歌ってくれるのがほんとにうれしかったし、呪縛の魔法とイリュージョンは消し去って、残るのは現実で戦う女性の力だ。

三種の神器ってね、

ルックス、スタイル、媚び、のこと。

誰かの基準の神器なんてあってもなくてもいいよね。

ビヨンセのFormationから長い時間が経ってしまったけど、ようやく自分の中で芽が出て生まれた曲。

この曲のおかげでわたしは前より少し強くなったし、歌いたいって強く思うようになった。 

↓KIKIさんが作ってくれた、繋がってメタモルフォーゼしながら呪縛のテープをちぎるイメージ、ほんとにステキ!

c0130623_00554084.jpg

6 散らかる

歌詞の世界観はわりと前作なんかに近いかな。もうぐっちゃぐっちゃで秩序ってなんなんだよって世の中、もうこうなったら自分がそれ以上にぐっちゃぐっちゃになってやればいいかもしれない。んなわけないか。

かなり濃密に言葉が羅列されたボーカルラインなので、レコーディングではとにかく歌詞をしっかり出しながらうまく曲にのせていく作業。

絶対ライブで聞けないくらいにビシッとハマってるんで、音源ならではを味わって欲しいです。


7 ニュードリーム

作ってたときのこと、忘れた。

けど確か、サックスを思い切りメインに据えた曲にしようって言ってた気がします。

レコーディングのことも、忘れてるわ。

ライブでもほとんどやってないからなー

演奏めちゃくちゃ難しいんだよなー。

あとさ、グラマーじゃないボンドガール、そろそろ現れてもいいと思うんですけど。


8 useless

わたし、ベース弾いてます(知ってるって?!)。

役立たずな男っていう歌です。

どーしようもないダメ人間なんだけど、なんか前向きな感じがするので、いいとこに着地したと思ってる。

ボーカル、本人たちはめちゃくちゃこだわってるみたいです(笑)

c0130623_01001557.jpg

9 NOT A FAD

冒頭の部分、なんで6回なんだろうね、間違いやすい回数なのでやですね。

もういっそ、喧嘩腰で行ってやれっていうのを歌ってます。

いやもう、喧嘩腰ですよ、最初から(笑)

徐々に、ほんと徐々にだけど、諦めていた状況、当たり前だと思っていたことに対して、このまま黙っていてはいけないという動きが出てきていると思う。

それが一時的なものではありませんように、継続して大きな流れになりますように、という想い。

そして、しっかりアンテナを張っていなきゃいけないという想い。

「散らかる」からちょっと前進した感じもある。



だいぶ後半に近づいて来た。

あと一息!!!!!




# by ni-hao2180 | 2019-10-25 00:54

perfect MEガイド① YUKARI

発売されました、Limited Express(has gone?)「perfect ME」、フルアルバムで数えたら6枚目みたいです。

ずっと作り続けてこれてるのは、しあわせです!

c0130623_08590083.jpg

さぁて!!!!!!

誰にとっておもしろいのかわかんないけど。

せっかくの発売なので、

発売記念として、一曲ずつ、コメントやエピソード、主に歌詞解説など、いってみよーーー


1 百鬼夜行

ハードコアぽいかつ、めまぐるしい曲を作ろうってできた曲(そのまんまやん!)。

“こんな才能溢れる人たちがいる中で、自分なんかがわざわざ音楽やる必要ないだろもうだめだ何もかもモード“に定期的にハマるのだけど、そのときに、exニーハオ!!!!のミコちゃんが連絡くれて。

「同じところをぐるぐる回ってるようだけど、実際は螺旋階段を上ってるはずだよ。よく景色見てみ、こないだより高いとこにいるよ」と言われて。

は!そうかも。だとすると、ぐるぐる回らなきゃ上れないんだから、これでいいんだ、って復活して、できた歌詞。

実際自信喪失は簡単に崩壊しないんだけど、そんな時は、Im GODとさえ思える自信満々モードがまた来ることを思い出そうという感じ。

そして、歌ってるわたしは、わたしを信じてくれる者を全部救い出してあげられるような気さえするからFOLLOW ME!!!!

つか、全員自分が自分の神にだってなれるんだから。

あとは、キャトルミューティレーションって言葉を使ってみたかったという。

牛とかがふわーって光に吸い上げられるのよくないですか?!


2 SweetTalk

これが今作で一番最後にできた曲。

アルバムのレコーディング日程が迫る中、あと一つ、軸となる曲が必要だ、と追い込まれてできた曲。

「スタジオでも焦りの中、全然曲が形にならず、フラストレーションが溜まっていた。

ある日、谷ぐちのひねり出すアイデアに納得いかないゆかりは、不満を顔に出す。彼女なりに我慢して、乱暴な言葉を我慢した結果であった。かつて、すぐに暴言を吐いたり暴れたりしていた彼女にしては、随分大人になったものなのだがそれを見た谷ぐちは「人が一生懸命出したものに対する態度が悪すぎるだろ、いい加減にしろよ」とブチギレ、2人は売り言葉に買い言葉となり、大喧嘩。

ゆかりはスタジオを飛び出し、勝手に帰宅してしまう。

ゆかりがいなくなったスタジオ、残されたメンバー。

もんでんが口を開く。

「納得いかないものには、嫌な態度が出てもいいんじゃないでしょうか、いいものを作るためなら」

ふざけんじゃねぇ、ゆかりの肩持ってんじゃねぇぞ、となぜか谷ぐちの怒りの矛先はもんでんへ。

これが世に言うとばっちり。

ーーー飯田静観。

怒って飛び出したとしても、結局帰るのは谷ぐちとゆかりは同じ家。

結局なんとか仲直りし、膝付き合わせて生まれたのがこの曲だったのだ。

Sweet Talk

経緯は全然スィートじゃありません。

あとね、DONT STOP CRYINGですよ。

泣いてもいいの!

押し殺さないで!

c0130623_08595216.jpg
3 LIE DETECTOR says TRUE

ジョジョの奇妙な冒険の徐倫になった気分になる曲。

徐倫が承太郎に会った刑務所の面会室がなぜか頭に浮かぶんだけど。

みんなを巻き込んでどんどん強くなっていく徐倫かっこいいよな。

ノーウェイブでクールなカッコつけた曲が作りたくて。Aメロ部分をいかに淡々とやるかが肝だなとフレーズの段階では思ってたんだけど、タニが弾くと、生命力がある感じになる。

徐倫ぽいかもね。

わたしもついついライブでは気合い入って力強くなっちゃうので、録音の感じたのしんでほしい。


4 Discommunication

前作に収録されてるDiscommunicationの新バージョンね。

仁一郎君が仕切りにタイトルを「Discommunication2020」にしたいと言うのを断固拒否してそのままタイトルにした。

だって、リリース2019だし。

オリンピックみたいでやだし。

あと、カモンがないあもーんって、言ってしまってますね(笑)

問題は、初代Discommunicationのほうがモッシュしやすいということですね。


なんか一曲ずつかるーく書いていこうと思ったらすでに4曲目でこれなので、今日はここまで(笑)


続きも書きますね。


ちゃんとインタビューしていただいたのは

ミュージックマガジン11月号と

こちらにあるので、ぜひ♡ 

https://ototoy.jp/feature/2019102302



# by ni-hao2180 | 2019-10-24 08:56

Y.B.I &山のVOID YUKARI

札幌のこと。

YOUR BOYSがうちらLimited Express(has gone?)のリリースを聞きつけてくれて、一番にレコ発しようって誘ってくれて。

新バンドでバンド名もない段階だったけどメンバー聞いただけで大興奮だったし、デビューライブのメテオナイトはもっちろん最高で。

Wレコ発なんて願ってもなかった!

メンツが決まってから、もうほんとやばいの気持ちがすごかったし、

ずっとわくわくし続けたかったから、その日が来なかったらいいのにって思ってたくらい(笑)

c0130623_21195167.jpg

オープニングのDJシラハマさんからめっちゃくちゃいい雰囲気。

c0130623_21200527.jpg

zArAmeから始まる贅沢さ。

音の洪水ってよくいうけど、まさにそれで一音も取り逃がしたくない。ギターとギターが絡んで離れて、濃縮してまた散って、ほんとうにすごい。

大人の余裕の上で、ギラギラしてた。

c0130623_21201760.jpg

そんでthe hatch

半年ぶりくらいに観たのだけど、半年前とめちゃくちゃ印象が違ってびっくりした。

基本は変わっていないはずなのに、何だろう、深み?!

かっこよかった。

どんどん変わっていくから、今を観れてよかった!!!!


わたしたちの番。

カウンターアクションでやってみたかったんだーーー!!!わたしもわくわくしていたし、いる人全員からもそんな空気を感じでめっちゃ武者震いでした。

どっかんイケたと思う!!!

でむくんが歌ってくれたDiscommunication、死ぬほど最高だったね!!!!

動画残せばよかった

興奮しすぎてuselessのベースめっちゃ下手だったけど。

札幌でも、フォーメーション歌えて最高でした。全員の顔、見えました!!!

歌う前に、特にフォーメーションについては何か言わなきゃと思うんだけど、全然上手く話せなくて。

まぁうまく話せないから歌ってるんだけど。

伝わっていたらいいなぁ。

呪縛や魔法を解いたら、一緒に進撃しよう。

c0130623_21213105.jpg

NOT WONKが音を出す。

洗練された音、ひねくれた音の重なり、でもまっすぐ届く。

この日出てる人たち全員、音楽やるために生まれて来たんだなーとしみじみ思ったのだけど、NOT WONK3人は、なんだか音楽から生まれたようでした!!!

c0130623_21214440.jpg

で、全員の期待を背負ったYOUR BOYS

べべくんが風を巻き起こして、ヨシトさんが波を打ち上げ、カズキがイナヅマ撃ちまくって、その上をでむくんがサーフするのが見える感じ。

もう超ハッピー、ポジティブなグルーブがステージから発射されたらそれを受けたフロアが沸く沸く、沸く!!!

メテオナイトでもよかったけど、比べものにならないくらいすごかった。


いろんな人が、この日のカウンターアクションはいつもとどこか違って、めちゃいい空気で、全員が心からたのしんでるのが溢れてたって言ってた。

それは、もちろん、出演者全員の新しい音楽への期待と満足もあるんだけど、

YOUR BOYSの音楽愛と才能と人柄こそがなせる技なんだと思う!

忘れられない1日になりました。

YOUR BOYSありがとう♡


そして翌日は、でむくんのカレー屋さん「さんぼんぎ」でのイベント。

雨も上がって快晴、ロケーションが最高すぎて、もうそれだけでお釣りが来る。

c0130623_21243566.jpg

でむくんと美緒ちゃんの優しい気持ちが詰まったお店に集まった人たち。

子どもたちもいっぱいで、自由でかわいくて。わたしはいっぱい集めたどんぐりをもらいました(笑)

c0130623_21230736.jpg

FUCKERのライブでは子どもたちがわやわやドラムに群がって、セッション。

木々に囲まれて歌うFUCKERは野生に戻ったように生き生きしてたね。

「きなこオンザライス」のちょーえき!は絶対やっちゃだめよ、地域の繋がりあってでむくんの息子も幼稚園行ってるんだからね、って言っておいたので、「長沼!」コールになってて安心したわ(笑)

THE人生ズも、いろんなものから解き放たれたライブでした。生きていく美しさがいっぱい。

泣いちゃうくらい!

わたし、KJにママ(なんで?!)と呼ばれて一緒に踊りました。

世界で一番、楽園に近い場所でした。

c0130623_21222037.jpg

あるがままを受け入れてもらえて、その中で11人が何かほんのちいさくても役割(いるだけでもいいの!)を果たして、笑い合うしあわせ。

カレーも、台湾料理ごとうの餃子も、美味しかったーーーー

こんな日があるから、またふつうの日を過ごしていける。

ご褒美みたい。

でむくん、美緒ちゃんお疲れ様、ありがとう。

c0130623_21251216.jpg

正反対の2日間だったんだけど、コアは全く同じで、わたしはそれがほんとうに大好き。

わたしは、戦うし、笑い合うし、みんなを守るし、そういうのにどんどん巻きこまれて、たくさん巻き込んでいけたらいいなぁ。


さあ、Limited Express(has gone?)のレコ発は始まったばかり。

幸先の最高なスタートに感謝しつつ!


次回Limited Express(has gone?)はー

明日10/22 19:00

新宿アルタのHMVでインストア!

これが最後のインストアかも(笑)


11/22福岡UTERO

11/24熊本FACTOR

11/27渋谷nest

c0130623_21295290.jpg
台風19号被害へのドネーションステッカーも持って回りますね。
できる範囲の金額でいいのでよろしくお願いします!
すごくかわいいし!
c0130623_21331925.jpg







# by ni-hao2180 | 2019-10-21 21:17

とにかく特別な1日だった。

THREEが各SHOPBGMに相まってオープンからとても華やかで、力強さに溢れていた!!

c0130623_20530912.jpg

「女性限定ですか?」と言われたり、フェミニズムわからないんだけどみたいな声もあって、あれ?!意味を持たせたことが失敗だったかもしれないとちょっと考えたりもしたんだけど、でもやっぱりこれでよかった。

フォーメーションを組みたかったんだ、わたしは。


トップはTHE CREAMS

c0130623_20533247.jpg

長くいろんなメンバー、形態でやってきているバンドだけど、今が一番、きらめいている。

さえこちゃんのダンサブルだけどノーウェイブなベースにメメちゃんのミニマムなドラムが重なり、クレちゃんのギターがアクセサリーのように曲を飾る。

贅沢なダンスミュージック。

好きにしな、踊りたかったら踊りな!

そういわれたら踊ってしまうのです。


なかむらみなみちゃんの登場。

c0130623_20552263.jpg

ビルの屋上からさえ躊躇なく飛び降りそうな潔さ。

「ラップします」の掛け声、繰り出すストレートのパンチ。

Ride“がマジ最高で、ほんとにかっこよくて。みなみちゃんならきっとずっとこの先もちょっとふざけた変顔したりしながら、わかんねー野郎どもの上を軽々サーフしていくんだなぁと思ってにやけが止まらなかったし、ぐおーーってお腹のそこから興奮が湧き上がった。


あっこゴリラがステージに上がる。

c0130623_20565027.jpg

翻すフラッグ。

ジャンヌダルクがそこにいた。

あっこちゃんの繰り出すリリックが全部、戦いの合図。奮い立たせてくれる。

あっこちゃんの体内ビートがTHREE全部を揺らしてた。

痺れたーーーーーー。

最前であっこちゃんをキラキラして目で見つめる小学校低学年の女の子がすごく印象的だった。

あっこちゃんから受け取ったバナナを握りしめてた。

彼女はこの先、いろんな経験をしていくと思うけど、このバナナがきっと、彼女を勇気付けてくれるんじゃないかな。


他にもローティーン、ハイティーンの女の子たち男の子たちも来てくれてた。

若い人たちに、とにかく体験してほしかったからほんとうにうれしかった。


そしてわたしたちLimited Express(has gone?)。

c0130623_20585132.jpg
c0130623_06311269.jpg

一曲目の”百鬼夜行“に「何着てもときめいて禁忌なんてない、信じるものは全部救い出す見解」って歌詞があるんだけど、その通り、悩んだりしてる人全員救い出せたら!って思ってた。

わたしにできるのは体当たりだけだけど。

イベント全部に漂ってたシスターフッドの気配、それに期待してる気持ち。

特に“フォーメーション”では高まってギリギリだった。

いつのまにか、あっこちゃんとみなみちゃんがステージで全身で歌ってくれてて。

すごいことが起こってた。

c0130623_20583236.jpg
c0130623_20583341.jpg
c0130623_21020200.jpg

THE CREAMSもあっこちゃんもみなみちゃんもわたしも、モモさん宮越さんKIKIさんアミちゃん大丈夫丈夫さんも、みんなバラバラにそれぞれの活動をしてきてて、たくさんのものを築いてきて、それがこのタイミングでフォーメーションを組む。

これ!!!!!!!!!!!!

こんなことが現実になるんだ。

ライブ終わって、あっこちゃん、みなみちゃんと3人ぎゅーって抱きしめ合ってなんかがダダ漏れ、ほんとにうれしかったんだ。

c0130623_06295670.jpg
c0130623_06295720.jpg

MCとかエモくなりすぎたなぁカッコ悪かったかもなぁとあとで思ったりもしたけど、これで間違ってなかった。

c0130623_21010722.jpg

まずわたしは女性であるということがスタートだけど、性別年齢国籍所属特性なんにも関係なく遠慮なく胸張っていられるように。


やっと。

まずはここに来れたなぁと。

ここからどんどん広げていきたいし、次にフォーメーションを組む日まで、また個々の戦いは続いて、みんなカッコよく進むのだ!!


まずはLimited Express(has gone?)はアルバムのリリースがあります。

それに伴うツアーで各地へ行きますので、そこから次をはじめようと思う。

(もちろんそれまでもライブはあるのでぶち上げる!!!)


FAITHで可愛いシャツ、KIKIさんとこでNOT A WITCHのワンピ、LilmagRIOT GRRRLZINEを入手して、ほくほくだよ。

c0130623_21012691.jpg

田島ハルコちゃんとあっこちゃんの邂逅なんていうアガる場面もあった♡

c0130623_21000412.jpg

MVに出演してくれたC.VA Virgin、ニイマリコちゃん、スタイリストのあっちゃんも来てくれてて、強かったな!


THREEでできたことも大きな意味を持ちます。

ユウくんありがとう。

そして

きんぴら。

一緒にやれてよかった。

そばにいてほしいこころ強い男性の一人です。



Limited Express(has gone?)

perfect ME』リリースツアー


1019日(土) 札幌KLUB COUNTER ACTION

1122日(金) 福岡UTERO

1124日(日) 熊本

1220日(金) 静岡Toast Bro

1221日(土) 大阪火影-HOKAGE-

119日(日) 新代田FEVER ワンマン

21日(土) 京都Live House nano ワンマン

28日(土) 名古屋HUCK FINN



# by ni-hao2180 | 2019-08-26 20:52

チアパンクis HERE!!!!